茶道部

茶道部では、駿府城公園の木々と富士山を望む和室でお茶会を開催しました。浴衣姿の茶道部一同が、皆様にお点前をお見せしました。慌ただしい日常の中で、ほっと一息つける空間を、機会があればぜひ味わいにいらしてください!高2は練習を通して美しい所作だけでなく、教養を深め、日本の文化を味わう心を育てることができました。  また、今年度は茶道に関する展示も行いました。高校1年生が文化祭当日の和室内を再現した写真スポット、基本的な茶道の所作の動画、茶道の歴史、道具、和菓子などについてまとめました。また、楽しいクイズもその中に潜ませており、ご来場していただいた皆様に喜んでいただくことができました。

〜千利休〜 千利休(本名:田中与四郎)は1522年、大阪堺で生まれました。16歳で茶の道に入り、18歳で茶道の第一人者、武野紹鴎に弟子入りしました。そして、1583年に秀吉が関白就任の返礼で天皇に自ら茶をたてた茶会を取り仕切り、天皇から「利休」の号を賜りました。豊臣秀吉から切腹を命じられて生涯を終えた利休ですが、利休が茶道に込めた思いは400年以上の時を超えて受け継がれてきました。利休が作り上げた茶道の世界を、どうぞお楽しみください。

© 2020 静岡雙葉中学校・高等学校 雙葉祭実行委員会

​オンライン文化祭